不動産物件を売却する方法

不動産物件を売却する方法は主に2つあります。1つは不動産会社と媒介契約を結んで市場で買主を探す方法、もう1つは不動産会社に買い取ってもらう方法です。 後者を選んだ場合、不動産会社はその不動産物件をさらに別の買主に売りますので、当然前者よりも買取価格が低くなります。それでも買主が現れるまで身動きが取れない、というような不安定な期間がありませんので、メリットは大きいと考えられます。 どちらの方法を選ぶにしても、まずは不動産会社に査定を依頼してみましょう。買取も視野に入れている額を最初から告げておくと、業者が考える適正な価格を提示してくれます。媒介契約前提で話をしますと、媒介契約をしたくて高めの査定をしてくる可能性があります。しかし買取の可能性もあるなら、買取の話になった途端に極端に提示額を下げるわけにはいきませんので、適正な価格になります。買取は査定額の8割程度の提示になるのが一般的です。7割や6割の提示をしてきたら、はじめの査定額が眉唾と思ったほうが良いでしょう。 買取してもらうなら、無論最も高い提示をしてくれたところに買い取ってもらえば良いでしょう。懐に入るお金が正確に計算できますので、その後の計画が立てやすくなります。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件購入の控除について.