一戸建ての不動産物件で確認しておきたい地盤調査の結果

一戸建ての不動産物件を購入するにあたっては、建物以上に大切なのが地盤です。建物の耐久性や耐震性ももちろん重要ですが、これらはあくまでも安全な地盤の上に建っていることが前提の話です。地盤が軟弱であれば建物は傾き、耐久性どころの話ではなくなってしまいます。 しかし一戸建ての不動産物件において、あまりにも建物の性能に注目が集まりすぎている嫌いがあります。地盤は表に出ない部分ですので、買主としては建物のほうが気になるのは分かりますが、何ごとも表に出ないところのほうが重要です。バリアフリー、長期優良住宅と、建物の質を追求するなら、同じくらい地盤についても注目していただきたいと思います。 よほど悪い施工会社を選ばない限り、どんな不動産物件であっても地盤調査は行われています。しかしその調査結果は要求しなければ開示されないのが現状であり、買主としては売主のいうことを信じるしかありません。それはあまりにも危険です。少なくとも地盤調査の結果を開示してくれるよう、要求しましょう。 地盤調査は、敷地内の数箇所で行われているに過ぎません。敷地内の地盤が皆同じであれば問題ありませんが、たまたま強固な場所だけを調査していれば、傾く可能性が残っています。何箇所で調査したかを必ず聞くようにしましょう。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件購入の控除について.