不動産物件購入の控除について

住宅用の不動産物件を購入するにあたっては、様々な控除や特典が用意されています。金持ち優遇などと批判されることも多いこれらの制度ですが、日本の将来にとっては大きな意味があります。 まず持家があると、将来年金暮らしになっても生活できる可能性が高まります。日本の年金制度では、公的年金だけで充分な額がもらえませんので、家賃を支払い続けることは困難です。年金だけで生活できない人は生活保護に頼ることになり、国の財政を圧迫します。また不動産物件を所有すると、大切なマイホームを守ろうと一生懸命に働きます。自然と国も国民も豊かになる、という発想です。住宅ローン控除もそうですし、取得時の税金についても複数の控除があります。居住用の不動産物件のみが対象になっているのはこのためです。高い買物ですので、マイホームを購入する時は、最新の控除制度を確認し、利用できるものは最大限利用しましょう。 例えば親から援助を受ける場合、親に持分を設定しないなら贈与税がかかります。しかし相続時精算課税制度を利用すれば、将来援助してくれた親が他界して相続が生じたときに精算することができます。相続税のほうが贈与税よりも控除額が大きいため、そのほうが節税になります。

姫路 不動産は誠心不動産が取り扱いいたします。
3111

つい先日の話

本当に昨日の話なのですが、妹も私も昨年不動産を購入していたのでタイムリーに妹と不動産購入の控除について話していたところでした。住宅控除には確定申告が必要なのか、会社の年末調整でやってもらえるのか、全く分からない事だらけで笑うしかありませんでした。10年間は控除を受けられるのか10年間は繰り上げ返済をしない方が良いのでは?等々話しましたが、結局お互いに知らない事だらけなので、結論は出ませんでしたが、このようなことは何処で教えてもらえるのでしょうかね。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件購入の控除について.